【フィリピン英語留学体験談ブログ#3】社会人が仕事を辞めて1か月セブ島短期留学してみた(リアルな一日のようす編)

※本記事はスポンサー( e-sutdent , 3D ACADEMY )の提供により作成しています。

 

ペータ
こんにちは!ペタエリ英語のペータ(@peta_eriです。

三十路、仕事辞めて セブ島留学中したったで! 

 

ってことで、これからこのブログでは、社会人三十路の僕ペータが仕事を辞め、 3D ACADEMY (3D アカデミー)という語学学校で実際に4週間の短期フィリピン・セブ島英語語学留学をした体験を複数のブログ記事に分けて紹介していこうと思います。(アメリカ人のエリンも一緒です 笑)

今回は【フィリピン英語留学#3】三十路男が仕事を辞めて1か月セブ島留学してみた(リアルな一日のようす編)です。

3D ACADEMY (3D アカデミー)での生活はどういうものなのか、リアルな一日のようすをお伝えします。

過去記事 #1、#2はこちら
【#1】社会人が仕事を辞めて1か月セブ島短期留学してみた(到着初日編)
    【#2】社会人が仕事を辞めて1か月セブ島短期留学してみた(登校初日編)

 

エリン
タクシーの乗るときや、レストラン・バーなどで使えるネイティブの英語表現も私の音声付きで解説していきますので、フィリピン・セブ島に留学する予定のない人にも役立つ内容になっていますので、是非最後まで読んでくださいね!

 



フィリピン・セブ島英語語学留学 リアルな一日のようす

 

6:00 起床

3D ACADEMY (3D アカデミー)の朝は早いです。

なんせ8時から授業があるため、規則正しい生活を強いられます。

7:00 ~ 8:00 朝食

朝食は7時から8時の間に提供されます。

朝食はかなりシンプル。

ささっと食べて1限目の授業に備えます。

【↑】朝食の一例。朝は比較的シンプル。

 

 

8:00 ~ 11:50 授業(最大4コマ)

コースや時間割は人によってそれぞれ異なります。

マンツーマンやグループレッスンの授業はそれぞれ1コマ50分で間に10分の休憩時間があります。

 

【↑】1日5コマ+α のマンツーマン特化コースの一例。追加料金で一日7時間までマンツーマンを増やすこともできる。長時間先生を独り占めできるため、おのずと自分の発言量が増え、スピーキング力が鍛えられる。
余裕があれば FREE TIME に後述の Casual Discussion を入れてもよいかも。

 

【↑】一番人気の ELS コースの時間割の一例。実力診断テストの結果によって個々の時間割が異なる。一日7コマ+α クラス(マンツーマン4コマ・グループレッスン3コマ+α)であるため、嫌でも英語漬けの生活になる。

 

マンツーマンのクラスは先生ごとの小さな個室で行われます。

個室なので他の人を気にせず授業に集中できます。

 

【↑】マンツーマンクラスは先生ごとの個室で行われる。

 

【↑】マンツーマンクラスの個室のようす。小さな机とホワイトボードがあります。

 

授業形態はさまざまで、先生によって授業スタイルが異なります。

フリーカンバセーションをしたり、教科書に沿って授業したり、あるテーマについて議論しあったりと様々です。

先生たちは生徒が伸ばしたい領域を重点的に教えてくれます。

「スピーキング力を鍛えたい」「ボキャブラリーを増やしたい」「TOEICで高得点を取りたい」など、希望を伝えると、その希望にそって授業をしてくれます。

【↑】マンツーマンクラスのようす。希望にそって授業をしてくれる。明るい先生が多い印象。男性の先生もいます。

 

正直先生の質はピンキリです。

アクセントが強かったり、間違いがあることも正直あります。
(彼らにとっとも英語は第2言語ですから当然ですが。。。)

逆に「この先生の発音はわかりやすいな」とか、「この先生はしっかり間違いを訂正してくれるな」ってこともあります。

ですので、少しでも合わないなと思ったら先生やクラスを変更しましょう。
(毎週木曜日にクラス替えやコース替えが気軽にできるような体制になっています)

 

 

11:50 ~ 13:00 昼食

昼食は11時50分から13時の間に提供されます。

昼食は朝食と比べて豪華に。

 

【↑】昼食の一例。カレーや生姜焼きなど日本人好みのものが多いがたまにビビンバなどの韓国料理なども出る。

 

【↑】カフェテリアの様子。ブッフェスタイルで好きな分だけ取る。

 

 

1:00 ~ 5:50 授業(最大5コマ)

午後も基本的に午前中と変わりません。

グループレッスンにはネイティブスピーカー講師のクラスと、フィリピン人講師のものがあります。

アメリカ人やイギリス人などのネイティブスピーカー講師による “Native Communication” や、旅行やワーホリに特化した “English for Tourism”、英語初心者の方の英語を話すことに対するためらいをなくしスピーキング力を上げる “English Bootcamp”、TOEICやIELTSに対策に特化した “TOEIC Practice” 、 “IELTS Practice” など、様々なクラスがあり、自分の好きなクラスを取ることができます。

マンツーマンクラスと違い、他の生徒がいる分、以下に積極的に発言していくかが課題になります。

【↑】アメリカ人によるグループレッスンのようす。東洋と西洋の文化の違いについて議論中。他にも現在3人のネイティブスピーカー講師がいる様子。

 

【↑】フィリピン人講師による English for Tourism の授業。元気いっぱいのJessica先生。めちゃしゃべる。

 

 

無料の追加授業・アクティビティ

 

通常の授業に加えて、無料で Casual Discussion という授業も追加で受けることができます。

 また放課後には曜日によってダンスや映画鑑賞などのイベントも行われています。

【↑】上段: Casual Discussion は毎日、全てのコマで実施されている。無料。FREE TIME を有効活用できる。
    下段:放課後の無料アクティビティ。曜日ごとにヨガや映画鑑賞など様々。

【↑】毎週水曜日の映画鑑賞のアナウンス。学校の掲示板より。

【↑】毎週火曜日のヒップホップダンスクラスのアナウンス。3D ACADEMY (3D アカデミー)公式LINE より。

 

5:50 ~ 7:00 夕食

夕食は5時50分から7時の間に提供されます。

昼食と同じくらいの豪華さ。

基本的に日本人好みの味付け。

他の国の人が心配になるほど日本人びいきな感じ。

 

【↑】夕食の一例。肉々しい。わんぱくっこ大満足メニュー。たまに胃がもたれる。

 

 

FREE TIME (休み時間)・放課後

FREE TIME は、復習や宿題をやったり、友達と話したり、ジムに行ったり、買い物に行ったり、それぞれ思い思いに過ごします。3D ACADEMY (3D アカデミー)の場合は、校舎を出てはいけないなどの厳しいルールはありません。

放課後も門限こそあるものの(週末を除く)、比較的自由です。自習室にこもって黙々と勉強するもよし、前述の無料アクティビティやクラスに参加するもよし、カフェテリアでのんびりするもよし、飲みに行ったりクラブに行くのもよしです。

 

【↑】自習室。なんと24時間365日利用可能。冷房も完備。

 

【↑】3D ACADEMY (3D アカデミー)すぐ近くの学校提携ジム。無料で利用できる。

 

【↑】夕食後カフェテリアでトランプする人たち。奥の方ではソファでくつろぐ人も。日本人が多いので授業以外では日本語を使い勝ち。それを良いとみるか悪いとみるかは人によるかも。

 

【↑】放課後徒歩圏内にあるITパークのナイトマーケットへ。毎週木~日のように行われている。出店がたくさん出ていて、日本のお祭りのような賑わい。仲良くなった先生と出かけることもあります。

 

 

週末

週末は門限が解除されるので、外出する人が多くいます。外泊も可です。

学校主催のツアーに参加してもよし、個人でセブ島以外の島に泊まりに行ってもよし、ショッピングモールに買いものに行ってもよし、飲みに行ってもよしです。

もちろん勉強も大事ですけどね。

 

【↑】学校近くのカフェで作業中。

 

【↑】Ayala Malls というショッピングモール。なぜかセブにはこれどもかってくらいショッピングモールが乱立している。(引用元:Ayala Malls Facebook)

 

【↑】3D ACADEMY (3D アカデミー)の生徒が週に一度だけ無料で利用できる4つ星ホテル内のジム。立派なプール付き。英語とともに体も鍛える。

 

【↑】ちょっと遠出してカワサンフォールズでキャニオリングしました。

 

【↑】学校主催の一例(ボホール島をめぐる1泊2日のツアー)。学校主催のツアーはほぼ毎週行われている。

 

【↑】週末は外泊が許可される。写真はボラカイ島に行ったときのもの。

 

 

いかがでしたか?

次回は カフェやレストランのようすとそこで使える英語表現についてレポートします!

乞うご期待!

個別にメッセージ頂ければ相談にも乗りますので、気軽にご連絡くださいね!

Twitter : @peta_eri

facebook:https://www.facebook.com/petaerienglish/

 

フィリピン英語留学・大学留学エージェント e-student とは

今回のフィリピン・セブ島英語語学留学の学校探しでお世話になったエージェントは、e-sutdent@estudent_phさん。

フィリピンの語学学校だけでなく、現地の大学にも精通しています。

「e-student」はフィリピン英語留学・大学留学エージェントです。語学留学や学部留学だけでなく、現地大学への進学サポートや独自留学プログラムの提供もしています。2カ国留学・ワーホリ・海外インターン・現地就職にも対応しており、生徒様1人1人のニーズに合わせたトータルサポートを実現します。

引用元:e-student ウェブサイト

代表兼留学カウンセラーの加来涼太さんは、とてもフレンドリーな方で、ご自身も語学留学や現地大学に通われた経験があります。

LINE や Twitter のDM で気軽に相談しちゃいましょう!

詳細はこちら ⇒ フィリピン大学留学なら【e-student】

 

※ペタエリ英語読者特典※

e-sutdent さんを通してフィリピン留学を1か月以上された方に アマゾンギフト券 1万円分 をプレゼントします。

申込時、「ペタエリ英語を見た」と言っていただくか、もしく僕たちまで連絡をいただければプレゼントさせていただきます。

 

 

フィリピン英語語学留学の3D ACADEMY(3dアカデミー) とは

今回 フィリピン・セブ英語語学留学させていただいている学校は3D ACADEMY さんです。

セブで2番目に歴史のある語学学校で、大型ショッピングセンターにもアクセスしやすい立地、リーズナブルな価格とコストパフォーマンスの高さ、豊富なコースと実践的な英語メソッドで定評のある学校です。

3D ACADEMYは、2002年より6,000名を超える学生を輩出してきた歴史と教育システムを誇る「MTM CEBU LANGUAGE INSTITUTE」が蓄積してきた英語教育ノウハウと人材を受継いだESLスクールです。2013年より名称を一新し、単なる語学留学とは一線を画すカリキュラムの「実践英会話学習」を提供しております。

当校のテーマは「未来へ繋がる留学」。単なる経験や思い出づくりとしての留学ではなく、結果を出すことを重視しております。フィリピン留学最大の魅力であるマンツーマン授業を最大限に活かす為、机上の暗記学習を可能な限り排除し「アウトプット後に学ぶインプット」という従来の学習方法とは真逆となる新しいティーチングメソッドを各講師が習得しております。

引用元:3D ACADEMY ウェブサイト

 

日本人スタッフさんも多数常勤されており、留学中のサポートも厚く、初めて留学される方でも安心して勉強できます。

まずは資料請求してみましょう!

詳細はこちら⇒ フィリピン留学 セブ島留学 3D ACADEMY












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本人薬剤師ペータ&アメリカ人ALTエリンのドタバタコンビ エリンの教える実践的なネイティブの英語表現を中心に、国際カップルならではのできごとや文化の違い、またペータによる健康についての話など、役立つ情報をお届けします。