フルハウスOPのゴールデンゲートブリッジの写真を撮るならココ!サイクリングでのアクセス法を徹底解説!【サンフランシスコ観光】

 

こんにちは!ペタエリ英語のペータです!

インスタグラムやツイッターであげていたのでご存知の方もいると思いますが、先日サンフランシスコ旅行に行ってきました。

僕の世代の方ならわかってもらえると思いますが、サンフランシスコはあの有名なアメリカのシットコム、「フルハウス」の舞台ですよね。

特にあのオープニング曲は記憶に残ってる方も多いのではないでしょうか?

 

今日はあのフルハウスのオープニングに登場するゴールデンゲートブリッジの、知る人ぞ知る穴場ビュースポットと、その徒歩・自転車でのアクセス法を解説しますよ!

 



穴場ビュースポット:バッテリースペンサー

 

あのフルハウスのオープニングと同じゴールデンゲートブリッジが見られるのは “バッテリースペンサー(Battery Spencer)” と言われるスポットです。

 

ガイドブックなどでよく紹介されているビスタポイント(Vista Point)” と反対側にある、ちょっとした丘の上に位置しています。(ちなみに、ビスタポイントはサンフランシスコの街の反対方向、ゴールデンゲートブリッジを渡りきったすぐのところにあるので簡単に見つかります)

この、ビスタポイントから橋の反対側にでる方法がどうもわかりにくい上に、Google maps で自転車でのルートを検索すると違うルートが出てきたりするので、今回はそこを詳しく解説していきます!

 

 

 

Vista Point から Battery Spencer へのアクセス法

 

まずはビスタポイントを目指しましょう!

ビスタポイントはサンフランシスコ側から出発してゴールデンゲートブリッジをわたりきったところすぐ、右手にあります。

駐車場や公衆トイレがあるほか、写真を撮ったり望遠鏡を眺めている観光客がたくさんいるので、ここは迷わずいけるはずです。

ちなみにビスタポイントから眺める風景はこちら。

うーん。正直微妙ですよね。インスタ映えとは程遠いような….。

何でここが人気なのか、正直なぞです。

ここまで来たんだったら、少し足を伸ばしてバッテリースペンサーまで行くことをおすすめします。

 

さて、本題ですが、バッテリースペンサーに行くには、ゴールデンゲートブリッジを渡りきってからビスタポイントのある公園に入ってすぐのところ、右手にある階段を下に降りてください。

(↑)まっすぐ行くと”Vista Point” ですが、そこまで行かず、その手前で右に曲がります。

 

すると下に降りる急な階段があるので、これを降りれば、橋の反対側にでれます。

ちなみにこの階段はスロープがついているので自転車でも利用可能です。

ただ結構急なので、慎重に降りるようにしましょうね。

 

俯瞰で見るとこんな感じ。

ゴールデンゲートブリッジを渡ってからビスタポイントの公園に入ってすぐ右手にある階段を下りて、橋の反対側にでてください。

 

先ほどの階段を利用して橋の下をくぐると、ビスタポイントの反対側のこんな場所に出てきます。

“HEADLANDS”の案内にしたがって進み、突き当りを左折して、丘の上を目指しましょう

 

バッテリースペンサーまではこの坂道を登らなければなりません。

( ↑ ) はバテるエリンの図。

坂の距離は300~400mくらいかな?

ちょっときついです 笑

 

霧につつまれたゴールデンゲートブリッジが見えてみました!

ここまできたらもうひとがんばり。

丘を登ったところに駐輪スペースがありますので、そこに自転車をとめて、左手に少し進めばバッテリースペンサーに到着です!

(ちなみに駐車スペースも少しあるので、車でのアクセスも可能です)

 

 

 

Battery Spencer からの眺め

 

どうよ、これ!

まさにフルハウス!!

ゴールデンゲートブリッジ全体と、サンフランシスコの町並みを同時に写真に収めることができます!

ビスタポイントからの眺めとは比較にならないくらい、きれいですよね!

 

さっきまで文句言ってたエリンもこの景色に大満足したようす。

 

旅の最高の一枚になること間違いなしです!

 

 

おすすめの時間帯

ゴールデンゲートブリッジは南北に走る橋であるため、太陽の位置によって見え方が異なります。

バッテリーポイントからゴールデンゲートブリッジを眺めるには、ずばり午後がお勧め。

午前中はサンフランシスコ側に太陽があるため逆行になってしまうためです。

僕たちが訪れたのは4月27日の13時~14時くらい。太陽はちょうど橋の真上にありました。

daylight saving time(いわゆるサマータイム)中だったので、もう少し遅い時間帯の方がよりきれいな写真が取れたかもしれません。

(アメリカは日の出、日の入りがそれぞれ日本よりとても遅く、daylight saving time 中は2時間くらい日本での感覚とズレがあるように思います)

バッテリースペンサーを訪れる際は、時間帯にも注意してみてください。

 

今日の一言

 

ペータ

いかがでしたか?

坂がちょっときついかもしれませんが、その後のすばらしい眺めと達成感がありますので、ビスタポイントまで来た際には、是非バッテリースペンサーまで足を運んでみてください!

旅の思い出になることまちがいなしですよ!

それでは、【フルハウスOPのゴールデンゲートブリッジの写真を撮るならココ!サイクリングでのアクセス法を徹底解説!【サンフランシスコ観光】】でした!

 

こちらもどうぞ!

ヨセミテ国立公園レビュー!ヨセミテ滝やトンネルビュー&グレイシャーポイントへの行き方も解説するよ!

2018.05.18

【ヨセミテ観光】行き方は?所要時間は?日帰りは可能?ベストシーズンは?実際に体験してきた

2018.05.18

アスカトラズ島への行き方・ツアー予約法を徹底解説!!【サンフランシスコ観光】

2018.05.14











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本人薬剤師ペータ&アメリカ人ALTエリンのドタバタコンビ エリンの教える実践的なネイティブの英語表現を中心に、国際カップルならではのできごとや文化の違い、またペータによる健康についての話など、役立つ情報をお届けします。