スラング No biggie の意味と使い方は?発音付き例文で解説

こんにちは!ペタエリ英語@peta_eriです!

“No biggie.”

 

これ、どういう意味かわかりますか?

本記事ではスラング英語 “No biggie.” の意味と使い方をまとめます。

エリン

私、エリンによる例文&読み上げ音声付きです!

日常会話でも便利な英語表現 “No biggie.” の意味・使い方とともに、発音も一緒に確認してくださいね!



No biggie. の意味とは?

 

エリン

“No biggie.” は誰かに感謝されたときや謝罪されたとき等に「大したことないよ」「大丈夫だよ」という意味で使われるインフォーマルな表現です。

「全然心配いらない」という感じを出すために軽い調子で言うのがポイントです。

no biggie

informal
used to say that something is not a serious problem:

引用元:Cambridge Dictionary

発音付き例文で No biggie. の意味と使い方を確認!

 

Thanks for the ride.
(送ってくれてありがとう)

No biggie. I’m glad I could help out!
(問題ないよ。お役に立ててよかった)

Thank you for taking a look at my computer. I couldn’t have done it without you.
(パソコン見てくれてありがとう。あなたなしではできなかったよ)

No biggie! It was a simple fix.
(全然!ちょこっと直しただけだよ)

Hey, you are bleeding. Are you all right?
(ねぇ、血が出てるよ。大丈夫?)

It’s just a scratch. No biggie. 
(ただのかすり傷だよ。全然大丈夫)

I’m really sorry! I accidentally pulled the handle off.
(本当にごめん!ハンドル取れちゃった)

Oh, that’s no biggie. It’s been broken for ages!
(あ、大丈夫だよ。それずっと前から壊れてただけだから)

ABOUTこの記事をかいた人

日本人ペータとアメリカ人エリンが運営する英語表現紹介ブログ「ペタエリ英語」。英会話や海外旅行・海外留学に使える英語表現やスラングなどの意味と使い方を、ネイティブの発音付き例文とともに解説します。