“Guess what?”や”You know what?”の意味とは?違いは何?ネイティブが解説します!

 

 

こんにちは!ペタエリ英語のペータ@peta_eriです!

ネイティブの会話でよく出てくる英語表現に “Guess what?” や “You know what?” ってのがありますよね?

 

これっていったいどういう意味でどうやって使うんでしょうか?

違いはあるんでしょうか?

 

今日は、 “You know what?” や “Guess what?” の意味の違いや、その使い方をエリンに教えてもらったのでまとめますよ!

 



Guess what? と “You know what?” の意味とその違い

 

ペータ
“Guess what?” と “You know what?” って使い方がほとんど同じって聞いたことあるけど、実際はどういう意味でどう使ったらいいの?

 

エリン
“Guess what?” と “You know what?” はどちらも相手の注意を引くときに使われるよ。

 

guess what

You say guess what to draw attention to something exciting, surprising, or interesting that you are about to say.

引用元:Collins Dictionary

you know what

A phrase used to get someone’s attention before announcing something.

引用元:Wiktionary

 

エリン

同じような使い方をする場合ももちろんあるんだけど、実際は使い方にけっこう違いがあるんだよね。

 

ペータ
え!?そうなの?

 

エリン
早速、例文とともに見てみましょう!

 

“Guess what?” の意味と使い方

 

エリン

“Guess what?” は、嬉しいできごとやわくわくするニュース、びっくりする情報など、何か聞いてほしいことや共有したい話題がある場合に、会話を始めるときの導入として使われます。

「ちょっと聞いてよ!(いいことがあったんだ)」「ねぇ聞いて(すごいニュースがあるよ)」といったかんじです。

基本時にはネガティブな話題よりもポジティブな話題の時に使われることが多いです。
(皮肉としてネガティブの話題の時にも使われるときもあります。)

 

guess what

used for introducing what you want to tell someone, especially when you are pleased or excited about it

引用元:Macmillan Dictionary

 

 

Guess what? I got a puppy for Christmas!
(聞いてよ!クリスマスプレゼントに子犬もらったんだ!)

 

Guess what, guys! I decided to go to America to study English.
(みんな、聞いてくれ!アメリカに留学することにしたよ)

 

Hey, guess what? Marty just dumped me for some bitch. 
(ねぇ、聞いてよ。マーティがくそ女のために私を捨てたの。 ※皮肉の例)

 

 

Hey, Jessie.
(おはよ、ジェシー)

Hey,guess what, guess what, guess what, guess what? 
(ねぇ聞いて、聞いて、聞いて、聞いて!)

What?
(どうしたの?)

I won first place at the speech contest and got 10,000 yen as a prize!
(コンサートで一等賞とって、10万円もらったんだ!)

 

Hey, long time no see. What have you been up to?
久しぶり。今までどうしてた?(元気してた?))

Guess what? I got engaged!
(聞いてよ。私、婚約したの!)

Are you kidding! Congratulations! That’s great news!
(マジで!おめでとう!すごいニュースだよ!)

 

補足

“Guess what?” は直訳すると「(私がこれから言おうとしていること)なんだと思う?」という意味になり、”Guess what?” に対して “What?” と返事をすることがあります。

ただ例文にあるように “Guess what?” – “What?” というやり取りは必ずしも必須ではなく、”Guess what? I got engaged!” のように返事を待たずして話を続けることも多いです。

後述の “You know what?” にも同様のことが言えます。

 

 

 

“You know what?” の使い方

 

エリン

“You know what?” は “Guess what?” より複雑です。

相手の注意を引こうとする点は同じですが、驚くようなニュースを共有したいときの会話の導入に使われる “Guess what?” と違って、“You know what” は会話の途中において自分の主張や考えを伝えるとき、相手の気をひくための前置きとして使われます。

例えば、喧嘩や討論で自分が言いたいことを強調するとき(言い返すとき)によく使われます。

また、自分の気が変わったことを伝えるときや、新しいアイディアが浮かんだとき、また話の途中で話題を変えようとするときにも使われます。

 

you know what?

used to emphasize the statement that comes after it

引用元:Merriam-Webster

 

ペータ

えええええ!?

 “Guess what?” と全然違うじゃんか!?

だれだ、「同じ意味だ」なんて言ったのは (驚愕)

 

エリン
「相手の気を引く」って意味では同じかもしれないけどね。

口で説明するのは難しいところがあるから、実際に使われている例文でそのニュアンスをつかんでくださいね!

 

自分の主張を伝えるとき / 言い返すとき / 喧嘩の時

Can you do the dishes? The sink is such a mess.
(食器洗ってくれる?シンクがめちゃくちゃだよ)

You know what? It wouldn’t hurt you to do it once in a while.
(あのさ、言っとくけど、たまにはあなたがやったってばち当たらないと思うよ)

 

I am disappointed in you. Where is your sense of responsibility?
(君にはがっかりだな。責任感ってものがないのか?)

To hell with responsibility! You know what? I quit!
(責任なんてくそくらえだよ!いいか、辞めてやるよ!)

 

 

話題を変えようとするとき

You know what? I don’t wanna talk about it anymore. Let’s talk about something else.
(ねぁ、もうこれ以上話したくないの。ほかのこと話そうよ)

 

You know what? I just remembered I had to go pick up my brother at the station. See you.
(あのさ、たった今思い出したんだけど、駅に弟を迎えに行かなくちゃらなないんだった。またね)

 

 

アイディアがあるとき

What did you think of the movie?
(映画、どう感じた?)

It was pretty corny.
(けっこうちゃっちかったよね)

Yeah. I know what you mean. So what’s next?
(そうだね。わかるよ。さ、次は何する?)

Hey, you know what? I’m getting hungry.
(あのさ、おなかすいてきちゃった)

All right. Let’s go grab something.
(わかった。じゃあ何か食べよう)

 

気が変わったことを伝えるとき

I wish I bought that bag. You know what? I’ll go back right now and buy it.
(さっきのバッグ買えばよかったなぁ。あのさ、 やっぱ戻って買ってくるよ)

 

Hey, are we still up for drinks this Friday?
(あのさ、俺たち、まだ金曜日に飲みに行くことになってたっけ?)

Ah, you know what? Can I take a rain check? My parents are coming to see me.
(あ、あのさ。また今度にすることできるかな?両親が会いに来るんだよね)

 

今日の一言

 

ペータ

いかがでしたか?

すこしわかりにくい部分もあったかと思いますが、基本的には “Guess what?” は興奮するような話題共有の導入時に、”You know what?” は自分の意志・考えを伝える際の強調に使われていると思えば、なんとなく使い方がわかると思います。

今回の例文だけでなく、映画やドラマなどを見るときにも注意して使い方を見てみると、そのうち自分の表現にできるはずですよ!

それでは、【”Guess what?”や”You know what?”の意味とは?違いは何?ネイティブが解説します!】でした!

Have a good one!

 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本人薬剤師ペータ&アメリカ人ALTエリンのドタバタコンビ エリンの教える実践的なネイティブの英語表現を中心に、国際カップルならではのできごとや文化の違い、またペータによる健康についての話など、役立つ情報をお届けします。