“Once in a blue moon” の意味とは?由来・語源は?ネイティブが解説するよ!

 

こんにちは!ペタエリ英語のペータ@peta_eriです!

秋ですね。秋といえば月!

今日は月に関する表現、“once in a blue moon” の意味と使い方をエリンに教えてもらったのでまとめますよ!

 

ペータ
例のごとく、エリンによる例文&読み上げ音声付きです!

 



“Once in a blue moon” とは

 

エリン

“once in a blue moon” は頻度を表す表現で、「めったにない」「ごくまれにしかない」ことに対して使われます。

「ブルームーンくらい珍しいこと」という意味で、否定的な文で使います。

例えば、“He drinks once in a blue moon.” といえば、「彼はめったに飲まない」という意味になります。

 

once in a blue moon

very rarely; almost never

引用元:Collins Dictionary

 

ペータ

「ブルームーン」って「青い月」ってことだよね?

確かに珍しいだろうけど、「ブルームーン」ってなんだ??

 

補足 ”blue moon” の由来・語源

というわけで調べてみました。

“blue moon” は厳密に言うと、「青く見える月」のことではなく、「春分・夏至・秋分・冬至を境に区別した季節(約3か月)の中で、4つ目の満月がみられるとき、その3つ目の満月のこと」だそうです。

通常、満月は1年に12回(すなわちひと月に1回)みられるのですが、数年に一度だけ、1年で13回満月がみられる年があるそうです。

そのため1つの季節(約3か月)のうちに満月が4つ見られるのは珍しいことで、そこから「めったにおきないこと」「めずらしいこと」を “once in a blue moon” というようになったとのことです。

※辞書によっては「ひと月に満月が2回見られるとき、その2つ目の満月のこと」という言い方をしているものもありますが、厳密に言うと間違いのようです。

The term has traditionally referred to an “extra” full moon, where a year which normally has 12 full moons has 13 instead. The “blue moon” reference is applied to the third full moon in a season with four full moons, thus correcting the timing of the last month of a season that would have otherwise been expected too early. This happens every two to three years (seven times in the Metonic cycle of 19 years). The March 1946 issue of Sky & Telescope misinterpreted the traditional definition, which led to the modern colloquial misunderstanding that a blue moon is a second full moon in a single solar calendar month with no seasonal link.

Owing to the rarity of a blue moon, the term “blue moon” is used colloquially to mean a rare event, as in the phrase “once in a blue moon”.

引用元:Wikipedia

 

 

 

例文で見てみよう!

 

Carl is a couch potato. He works out only once in a blue moon.
(カールはテレビばっかり見てる”カウチポテト”だ。運動はめったにしない)

 

I used to go to Nagoya once a month, but now I only go there once in a blue moon.
(以前は名古屋に月1で行っていたけど、今は滅多にいかなくなった)

 

I get upset only once in a blue moon, you know? But I got so pissed off at my boyfriend who stood me up for an hour the other day.
(私、めったに怒らないでしょ?でも先日、彼氏に1時間待たされた時にはさすがにイライラしたわ)

 

 

How often do you go see your family?
(どれくらいの頻度で家族にあう?)

Once in a blue moon. My family lives in Hokkaido and it costs you fortune to go there.
(ごくごくまれにかな。みんな北海道に住んでるから、行くまですごくお金がかかるんだよね)

 

Ugh, I am cramping so bad. I need chocolate. 
(あぁ、生理痛がひどい。チョコレートほしい…)

Rough period, huh?
(生理つらそうだね)

Yeah, but once in a blue moon I have a mild one. 
(うん。ほぼ毎回ひどいの(ひどくないことなんかないくらいだよ))

 

今日の一言

 

ペータ

いかがでしたか?

“once in a blue moon” ってなんか素敵な響きですよね。

ぜひ覚えて使ってみてください!

それでは、【”Once in a blue moon” の意味とは?由来・語源は?ネイティブが解説するよ!】でした!

Have a good one!

 

こちらもどうぞ!

Over the moon とは?意味と使い方をアメリカ人が解説するよ!

2018.10.20

 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本人薬剤師ペータ&アメリカ人ALTエリンのドタバタコンビ エリンの教える実践的なネイティブの英語表現を中心に、国際カップルならではのできごとや文化の違い、またペータによる健康についての話など、役立つ情報をお届けします。